融資は一般的に用いられている方法

事業資金の調達として最も一般的に利用されているのは融資です。公的機関による融資も調達手段としてよく選ばれていますが、銀行や信用金庫などの金融機関からの融資も活発に活用されています。しかし、融資は借り入れなので返済できなかったときには担保にしたものを失ったり、連帯保証人になった人にまで支払いの義務が発生したりする問題があります。このような心配が少ない事業資金の調達方法はあるのでしょうか。

融資ではない方法の典型例

融資ではない事業資金の調達方法として代表的なのがファクタリングとクラウドファンディングです。ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらうことによる資金の調達方法で、信頼性のある売掛債権さえあればスムーズに資金が手に入ります。資金調達にかかる時間も二社間ファクタリングなら最短即日になっています。急いで現金の調達をしなければならないときにはファクタリングが魅力的でしょう。

一方、クラウドファンディングは個人投資家を対象とした資金調達の方法で、やり方によっては返済が必要ありません。寄付として資金を出してもらう仕組みにしたり、その出資によって生まれた製品やサービスを投資家に還元するという形にできたりするのが特徴です。クラウドファンディングは調達に時間がかかりがちですが、利用の自由度も高いので事業を展開する上では重要なサービスでしょう。申し込むときの審査にも融資並みに時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

事業資金は様々な事に使えるお金です。事業を行う上での初期費用から運転資金にまで使いますので、創業時には多くの金額が必要です。

Financial Futures
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031